MENU

おまとめローンに申し込む前に確認したいこととは?

おまとめローンを利用する人はいったいどんな人でしょうか。
それは現在複数の消費者金融などから借金をしている人です。
おまとめローンとは文字通りローンをまとめることですので、これまで複数のローンを組んでいる人がローンを1本化して、借金の返済をスムーズにする目的があります。
とはいえ、ローンをまとめるので、融資額がそれまでよりも大きくなり実際に審査基準が厳しくなるとも言われています。

 

では、おまとめローンを申し込む前にはどんなことを確認しておく必要があるのでしょうか。
どうすれば、審査に通過することができるのでしょうか。
今日はその点について記したいと思います。

 

まず、おまとめローンは先ほども記したとおり、ローンを1本化するため融資額が大きくなります。
たとえば、あなたが今、3社の消費者金融からそれぞれ40万円ずつ借金をしているとします。
おまとめローンはその3つのローンを1本にして120万円のローンを組むというものです。
さて、そうなる際に確認しておきたいのは総量規制です。

 

この総量規制とは簡単に言うと、借金の総額を規制するというものです。
年収の3分の1までしか借金をすることはできないというものです。

 

つまり、年収が300万円ならば100万円までしか借金ができないのです。
それで、もし消費者金融のおまとめローンを利用するのであれば、まずは総量規制に関係してこないかということを確認しておくことが必要です。

 

しかし、ここで注意をしたいのは総量規制は消費者金融に適用されるという点です。

 

銀行は総量規制の対象外となりますので、銀行系のおまとめローンを利用するつもりであれば総量規制は関係ありません。
このようにおまとめローンを利用する前に必ず総量規制にひっかからないかを確認するようにしましょう。実際、おまとめローンはキャッシングなどの審査と違い、時間と書類、そして事務手続きも複雑です。その分、審査に通らなかったときはショックも大きいです。事前の確認が大切だということです。

 

おまとめローンに力を入れているならオリックス銀行カードローンがオススメです。
オリックス銀行カードローンでおまとめローン審査に通過するための3ヶ条

 

 

借金のおまとめをするには二種類の方法があります。

 

ひとつはおまとめ専用ローンに申し込むこと、もうひとつは金利の低いカードローンを利用することです。おまとめをする際、このふたつではどちらが得なのでしょうか。

 

おまとめ専用ローンと通常のカードローン

 

おまとめ専用ローンは借り換え目的のみに特化したローンです。借金の一本化にしかお金を使えず、返済も業者が直接行ってくれます。消費者金融のおまとめローンの場合、総量規制対象外になるので年収による制限はかかりません。一方、低金利かつ高限度額のカードローンをおまとめ目的で使用するという方法もあります。条件面で候補にあがるのは銀行カードローンということになるでしょう。このふたつのどちらを選ぶべきかは、申し込みをする人の方針によって変わってきます。

 

借り入れをしながら借金を一本化したい場合

 

おまとめ後も必要に応じて借り入れをしたいという場合、より有利なのは通常のカードローンのほうです。こちらはおまとめ目的以外にもお金を使えるため、必要に応じて追加で借り入れができます。おまとめのために大きな限度額をもらえているので、そのぶん金利も低く設定されており、低金利で追加の借り入れを利用できます。他社のキャッシングで小額利用をすると金利は高めになってしまうので、こちらのほうが有利というわけです。

 

借り入れをストップして返済に集中したい場合

 

とにかく一切の借り入れをせず、今ある借金を減らすことに集中したい、という方はおまとめ専用ローンを選びましょう。返済も先方が代理で行ってくれるので、借りたお金をつい使ってしまったということも起こりません。おまとめでいちばん多い失敗例が、おまとめ目的で借りたお金を別の用途に使ってしまうことです。それを防止できるので、返済に集中したいときはおまとめ専用ローンがより安全なのです。万全を期すならば、一度持っている他のカードなども解約して、追加の借り入れができないようにしてしまうのもひとつの方法でしょう。

このページの先頭へ